妊娠初期 妊娠基礎知識

8w〜11wのママと赤ちゃん&この時期の過ごし方【妊娠初期】

2017/05/21

 

あなたのお腹の中で赤ちゃんは一生懸命大きくなろうとしています。

診察で心臓の動きを見るだけで、ほっと安心(*´ω`*)

そんな頃『あれ・・・朝起きると気持ちが悪い』なんてことはないでしょうか?

ママになるための最初の難関、『つわり』がやってきます。

さて今回は、【妊娠初期】8〜11週までのママと赤ちゃんの過ごし方を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

PC新記事内アドセンス



 

妊娠8週〜11週

おなかの赤ちゃんの様子

●『胎芽』から『胎児』と呼ばれるようになります。

●頭、胴、足がはっきりとして、3頭身になります。

●瞼や鼻、唇など細かな部分も形成され人間らしい顔つきに。

●胎盤がしっかりとして、栄養や酸素はお母さんからもらうようになり、血液循環も始まります。

●心拍がよりしっかりとしてきます。

●内臓の各器官が活動を始めます。

●外性器が発達、性別がはっきりしてきます。(まだ確認はできません)

 

ママの体

●微熱が続き、体がだるいこともあります。

●つわりの症状はこの頃がピーク。体重が減ることがありますが、食べづわりの方は増えることも。

⇒まじでツライつわり(悪阻)の原因と種類は?

 

●子宮により膀胱や腸を圧迫、頻尿や便秘が続くこともあります。

●新陳代謝が活発になることで、汗をかきやすくなる人も。

●胸の張りで痛みを感じたり、乳首や乳輪が黒ずんできます。

●おりものがさらに増加。

●下腹部のふくらみを感じ始めます。

 

この時期の楽しみ方

●つわりで1番辛い時期。家にいることが多くなりますので、今は音楽を聴いたり、借りてきた映画をを見るなど、自由に好きなことをして過ごしましょう。

ひどい眠気のときは、おもいきり寝てしまうのもOKです。

⇒いくら寝ても眠い!妊娠中の眠気の原因とは?

 

●マタニティー用品や赤ちゃん用品を選ぶのにカタログやウェブサイトを見るのもわくわくしますね。眺めているだけでも楽しいですよ。

ゆるっとキレイに着こなす授乳服


 

●お気に入りのハーブティーでリフレッシュ。おすすめはルイボスティー。ノンカフェインなのはもちろん、ミネラルが豊富で、抗酸化作用により免疫力を高める効果もあります。

 

 

日常生活で気をつけること

●胎盤がまだ完成しておらず出血しやすい時期であるため、激しい運動は避けましょう。出血や下腹部痛があった時は、すぐに受診しましょう。

 

●つわり中の食事は好きなものを食べていれば大丈夫。赤ちゃんの発育には影響がないので、つわりが終わってから栄養バランスを考えた食事に変えていけばいいでしょう。

⇒食べづわり&吐きづわり、つわり中の食事は何を食べたらいい?

 

 

●体調が不安定なのに加えて妊娠・出産への不安もあり、精神的にも落ち込んでしまいやすい時期です。体調がいい日は外へ出て、気分転換を行うのも重要。近くの公園やカフェに行くだけでも違いますよ。

 

 

いかがでしたか?

つわりで体調が優れない日が多い時期ですが、必ず終わりはやってくるものです。

辛い日は頑張りすぎず、家事なども休んでゆっくり過ごしましょう。

パートナーにも協力してもらうと気がラクになりますよ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


ランキングに参加しています♪
よろしければ応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

PR




⇒おしゃれな妊婦服がたくさん*
授乳服とマタニティウェアの【スウィートマミー】

スーパーセール

楽天

-妊娠初期, 妊娠基礎知識
-, , , , , , , ,